女性

デリケートゾーンのトラブルは我慢しなくていい

おりものの役割

女の人

おりものは膣内を清潔に保つための役割があります。しかし、下着に付着したものをそのままにするとデリケートゾーンのトラブルに繋がるので、おりものシートを利用して雑菌の繁殖を防いでください。

詳しく見る

汚れにくくなる

悩む人

アンダーヘアを処理するとデリケートゾーンにおりものや尿の汚れが付着しにくくなります。慣れていない人は自己処理が難しいので、サロンで脱毛やワックスによる処理をしてもらいましょう。

詳しく見る

かぶれを軽減する

婦人

生理期間中は特に、デリケートゾーンがかぶれやすくなります。肌の弱い人は日常的にこの悩みを持っていることがあり、生理期間中は普段かぶれないという人でもかぶれてしまうことが多いです。生理期間中というのは、いつもよりも免疫力が下がり肌が敏感になっています。それに加えてナプキンによる摩擦や経血によるムレもあるのでかぶれやすいのです。デリケートゾーンがかぶれてしまうとかゆみや痛みを伴うだけではなく、傷口から雑菌が侵入する危険性があります。症状がなかなか治らないようならそのまま放置せず、医師に相談して改善を試みましょう。
デリケートゾーンのかぶれを改善する方法として、まずナプキンを見直すというものがあります。ナプキンにはいろいろなメーカーの製品が出ていて、それぞれに使用されている素材や構造が異なります。かぶれやすい人なら、敏感肌用の刺激が少ないものを選んでください。コットン素材で摩擦を軽減するものや、通気性を良くするタイプのものがあります。紙ナプキンではどうしてもかぶれてしまうという場合には、布ナプキンを使用することも効果的です。紙ナプキンの場合は防水性を高めるため、ビニール素材を使用することが多いです。しかしそれでは通気性が悪くなるためデリケートゾーンがかぶれやすくなります。布ナプキンなら吸水部分も全て布でできているので、下着と同じような着心地で過ごすことができます。その他、タンポンを使用するとごわつくこともなく、快適に過ごせます。

優しく洗う

お尻

デリケートゾーンを洗浄するときには泡立てて丁寧に行なうことが大切です。泡で出てくる商品ならすぐに使えるので時間短縮になります。洗浄の際には泡でパックを行なうとより効果的です。

詳しく見る